新文明創造プロジェクト

①「心」から「技」への連動

「存在意識(心)」から「生きる手段(技)」への連動

 7-3-01

 

 

『統合意識』(心)から『無償提供』(技)への連動

 

『統合意識』は、『全体意識』を土台とした意識であり、

“生きるために必要なモノはすべてこの地球・宇宙から既に無償で与えられている”

という事を把握している意識でもあります。

 

それは、

生きるために誰かに対価を支払う必要性がないこと、

見返りや報酬を求める必要性が無い事、

実際に求める以上のモノを持つことが無意味だという事

の理解にも繋がります。

 

さらに『共存共栄意識』によって、

お互いが助け合い支え合うことが心身豊かに生きられる術だということも理解しています。

そのため人々は、自分が与えられるモノは他者に無償で提供し、

自分が欲するモノは他者から無償で受け取るという

『無償提供』の循環によって生きるようになるのです。

 

これが、『統合意識』(心)から『無償提供』(技)の生き方への連動です。

 

 

 

『統合意識』(心)から『共給共足』(技)への連動

 

さらに、『共存共栄意識』によって、皆が求めるほとんどのモノは、

それぞれが好きな分野で、生産し合い、助け合うようになります。

 

皆が求め合うモノを分業によって収穫・生産・創造・発信する、

『共給共足』へと繋がるのです。

 

一人ひとりが「全ての豊かさ」のために、自分が好きな分野で楽しみながら創造します。

誰かに指示されてやるのではなく、自分の意志で行う事なので苦には感じません。

 

また、『共給共足』は、

物質的なモノだけを生産しあうことだけに限らず、非物質的なモノを発信することも含まれます。

 

『共給共足』によって生み出したモノもまた、

『統合意識』によってお互いに『無償提供』し合います。

 

 

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց