新文明創造プロジェクト

④原因になる

 

・どんな「結果」にも必ず「原因」が存在する

 

この宇宙には、“「原因」と「結果」の法則”というモノがはたらいています。

 

物事には「結果」と「原因」が必ず存在し、

とある「結果」には必ず一つないし複数の「原因」が絡んでいるということです。

 

また、この法則には、

ある「結果」がさらに新たな「結果」の「原因」となって作用するといった、

連動し合う性質があります。

 

 

 

・自身が「結果」の「原因」の一部であることを理解する

 

私たちの社会や文明は、私たち一人ひとりの生き方が「原因」となって、

それぞれが絡み合い、連動することによってつくられています。

 

また、それによって作られた社会が「原因」となって、

次に私たちに「結果」という形になって影響をもたらしているのです。

 

私たちの生き方(原因)がいくつかの社会問題(結果)を生みだし、

その社会問題(原因)によって私たちが苦しんでいる(結果)ということが一つの典型例です。

 

つまり、自分の身に起こることや受け取った「結果」の「原因」の一部に、

自分の生き方や社会に与えた影響などが必ず含まれているという事なのです。

 

自分自身が、ある「結果」に対する「原因」の一部であるということなのです。

 

 

 

・自分が「原因」となり、新しい「結果」を生み出す

 

自分が「現実(結果)」をつくっていた「原因」の一部であるということは、

言い換えれば、

自分が望む「現実(結果)」の「原因」を意図的につくりだす事で、

望む現実(結果)に近似したモノを受け取ることができるということでもあります。

 

つまり、

『あなたが何か(結果)を望むのであれば、まずはあなたがその「原因」の一つになればいい』

という事なのです。

 

与えることによって、

自分が放ったエネルギーの影響を受けた現実(結果)を受け取ることができるのです。

 

 

 

・おまけ

 

これは、「引き寄せの法則」の核の部分でもあると考えられます。

 

自分が与えたモノと似たモノが自分に返ってくるというその真理は、

“自分がある「結果」に対する「原因」の一部である”という事に他ならないのです。

 

あなたが与えた外部への影響は、あらゆる人々に大小なりとも作用し、

そしてまた自分自身が他者を通してその作用性を含んだエネルギーを受け取ることになるのです。

 

また、外部への影響となる人の選択や行動は、その人自身の意識によって生じています。

 

こうしたことから、「思考は現実化する」とも言われているのです。

 

人の意識から思考が生まれ、

そこから生じた選択や行動が「原因」となって外部に影響を与えます。

そして、タイムラグを経て、

自分が与えた影響を受けた「現実(結果)」を受け取ることになるのです。

 

 

「ブーメランの法則」、「したことはされること」、「引き寄せの法則」、「思考は現実化する」、

というのは、その核なる本質はどれも同じであり、

これらは『原因と結果の法則』が呼称を変えたモノなのです。

 

 

 

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց