新文明創造プロジェクト

⑰過疎過密の解消

 

・各々の意志によって住む場所、生きる場所を決める

 

新文明社会は、『無償提供の循環』によって社会が回り、

『交換・取引』が行われない事により、

交換される双方のモノの価値を比較するために行われていた、

モノに価格を設定するという数値化の概念も消滅します。

 

そして、人はおカネの流れるところに流れて偏在するのではなく、

「どこに住みたいか?」「どこで生きたいか?」という、

各々の意志によって住む場所、生きる場所を決めるようになります。

 

 

 

・十人十色の居住スタイルが人口の偏在を解消する

 

また、仕事内容によっては、柔軟に移住するスタイルや、

人の家を旅して回るような居住スタイルも出てきます。

 

仕事、住み方、生き方、何を優先するか?などは人によって千差万別なため、

居住スタイルも十人十色なモノとなります。

 

これにより、過疎地域にも人が流れるようになり、

過密地域からは人が減り、人口の偏在が解消されていくのです。

 

 

 

・真の地域活性と快適化

 

同時に過疎地域では、人々が残したいと思う文化や特色、産業などは復活し、

放置されていた土地などが興され、真の地域活性が起きるようになります。

 

また、過密地域からは、公害や騒音、住居不足や公共インフラの混雑などが減っていき、

ゴミゴミした環境から、より快適で住みやすい環境になっていきます。

 

過疎化過密化が解消されることで、それぞれに起きていた問題も解決していくことになるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑰過疎過密問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց