新文明創造プロジェクト

⑭主体的な学習スタイル

 

・子供の意志、個性、価値観が尊重される

 

新文明社会では、子供たちは自らの意志によって学習を行うようになります。

 

『無償提供の循環』の生き方によって、利益の概念が失われることで、

大人の都合強制的に勉強させられたり、宿題強要されたりすることもなくなり、

子供たちの意志や個性・価値観が尊重されるようになります。

 

また、個人の選択において「介入」「干渉」をされることもなくなります。

 

 

 

・主体的な「学習」スタイルへ

 

企業が労働人員の確保の為に行っていた「洗脳」や、

雇用条件を下げる為に行っていた「均質化」もなくなります。

 

また、大人が勝手に決めた特定の分野での、

他の子供との相対的な比較競争も行われなくなります。

 

学習する分野、分量、ペースなど、

すべてがその子供一人ひとりの意志に委ねられるようになるのです。

それが一番学習パフォーマンスを高めることになるからです。

 

これまで強いられていた「勉強」から、

主体的に行う「学習」へとスタイルが変わるのです。

 

子供たちは専ら自分の中で課題をつくり、

それに取り組むことで自己成長を楽しめるようになるのです。

 

これは子供だけに限った事ではありません。

人々全員に、そしてその一生において言える事なのです。

 

 

 

・互いの差異を認め合える

 

さらに、一つの基準に絞る統一意識から

すべてを認め合う統合意識へと変わることで、

互いの差異を認め合い尊重し合うようになり、

誰もが伸び伸びと自分らしく学ぶ事が出来るようになります。

 

 

 

・誰もが無償で学習ツールを使用できる

 

現代社会の様な経済格差による学習可能水準の格差もなくなり、

誰もが無償で書物やツールを使用することができるようになります。

 

また、教える側の人が存在し、

その人に教えたいという意志がある場合、

誰もがその人から教えを受ける事ができます。

 

「教育」においても、「需要と供給の一致」と本質は同じであり、

学ぶ側の“学びたい”という意志と、

教える側の“教えたい”という意志の双方があって初めて成り立つモノになるのです。

 

 

 

・『共用』による学習と成長の質の向上

 

さらに、技術や情報の『共用』により、

人々の学習と成長の質は、より一層高まることになります。

 

誰もが学びたい時に学びたい事を好きなだけ学ぶ事が出来るようになるのです。

 

そして、分野が変われば人は教える側にも教わる側にもなり、

そこには上下関係などもありません。

たとえ年齢差・経験差があろうと同じです。

 

 

・アイデンティティ(個性)が発揮される

 

そしてこれらが、アイデンティティ(個性)の発揮自分軸の確立にもつながってくるのです。

 

誰もが自分の才能を開花させる事が出来、

自分の意志で、自分とは異質の能力個性を持つ人たちと手を携え合うことで、

より心豊かに生きていくことができるのです。

 

新文明社会の在り方(『統合意識』-『無償提供の循環』-『共用』)によって、

人々は充足した人生を送る事ができるようになるのです。

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑭教育問題 を確認する)

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց