新文明創造プロジェクト

⑯災害時の適宜対応

 

・迅速な対応により多くの命を救う事が出来る

 

新文明社会では、人々が『無償提供の循環』によって生きているため、

何を受け取るにも、与える側の意志さえあれば無償で受け取ることができます。

 

そのため、災害が起きたことによって、救援が必要となった時、

助けたいという意志がある人は、これに即座に対応することができます。

 

被災地へ行くための移動費や交通費なども掛からず、

生活に必要な物資の提供や運搬も人々の力によって無償で行われるため、

一々、救援とそれに掛かるコストを見合わせたりする必要がなく、

迅速な対応ができるようになるのです。

 

そのため、被災した人の多くの命を救う事が出来るのです。

 

 

 

・必要とされているところに必要なモノが行き渡る

 

また、どこかで災害があったとしても、それによってモノが独り占めされたりすることもありません。

 

人々が独り占めに走らない背景として、

世界中でお互いに「需給の一致」による助け合う生き方をしていること、

日々誰もが今の自分にとって必要な分だけのモノを手にしていること、

対価(おカネ)稼ぎ目的で行われていた無駄な大量消費が行われなくなること、

ビジネスの為に禁止されていた植物やエネルギー生産技術などが解禁されること、

これらによって、

特定の地域における急なモノ不足にもいつでも迅速に対応できるということが挙げられます。

 

 

そのため、必要とされているところに必要なモノが行き渡る様になるのです。

 

人は、『分離意識』による自立意識からくる、

モノへの執着によって不安恐れを拭えるのではなく、

『統合意識』による共存・共栄・共生意識からくる、

他人とのつながり合いによってはじめて安心を得られるのです。

 

 

 

・災害前とほとんど変わらない生活を送れる

 

さらに、大災害などによって仕事をできなくなったとしても、

それによって生きることそのものが困難になる事はありません。

 

助ける側も、助けるために必要なモノを無償で調達できるため、

助ける側に問題がしわ寄せされることがありません。

 

仕事も、借金などをしなくてもいつでも必要な道具や人員が集まり、

再開することが可能です。

 

災害によって住む家や職場を失っても、

使われていない家屋や空いているホテルなどを代わりに無償で使用できます。

 

生きること、モノやサービスを受け取ることに対価を求められないため、

「急いでその費用を稼がなければならない・・・」ということも必要もなく、

大災害によって生じた心的障害などのケアにも、

充分な時間を設けることができるようになります。

 

こうしたことから、災害時だけでなく、

災害以降においても、災害前とほとんど変わらない生活を送ることができるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑯災害時の対応問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց