新文明創造プロジェクト

⑨利権問題の解決

 

・利権の概念がなくなる

 

新文明社会では、『無償提供の循環』を生きる手段としているため、

「対価」「利益」「利権」という概念が存在しません。

 

無償提供の循環によって、人々の生活は維持され、

暮らしの質や行動範囲も「需要と供給の一致」によって決まります。

 

そのため、利権の奪い合いや利権を必死になって守る、潰し合うという争い行為がなくなります。

 

さらに、現代社会で言われていたような、

「本当の事を言えば飯を食っていけなくなる」ということもなくなるため、

誠実性のある情報だけが流されるようになります。

 

 

 

・技術、情報、資源、エネルギーの『共用』

 

技術・情報・資源・エネルギーなどを独占・寡占・隠ぺいする必要も意味も無くなり、

それらはすべての人に『共用』されることになります。

 

『共用』されることで技術などがさらに発展し、私たちの生活がより豊かになるからです。

 

 

 

・暮らしを豊かにするモノが堂々と台頭する

 

また、世の中にとって画期的な技術などが生み出され、

それがたとえ誰かの仕事の需要を減らしたとしても、

それによって誰かの生活が苦しくなるということはなくなり、

むしろ嬉しい事であるため、その技術が潰されたり排除されたりすることがなくなります。

 

そして、人々の暮らしを豊かにするものが、世の中に次々と台頭することになります。

 

フリーエネルギーの生産技術や、

ほとんどの病を根源的に治療する技術、

さらには、大麻の生産など、

現代社会において人々から仕事を奪う事になると懸念され、排除されていたモノが

新文明社会になることで、堂々と進出してこられるようになるのです。

 

 

 

・創作活動のスムーズ化

 

暮らしを豊かにするモノの堂々進出に加え、

世界中の情報と技術が『共用』されることによって、

財産保護のために設けられていた著作権などの権利や法律もその存在意義をなくし、

人々の創作活動はよりスムーズなものとなります。

 

 

 

・真の文明飛躍へ

 

これらにより、

現代社会の在り方によってこれまで行き詰っていた「文明」が大きく進歩するようになるのです。

 

そしてそれはただ進歩するだけでなく、

自然との共生をも可能とした真の文明飛躍へとつながるのです。

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑨利権問題 を確認する)

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց