新文明創造プロジェクト

⑧領土問題の解決

 

・「誰かものモノ」という概念が無くなる

 

新文明社会では、『無償提供の循環』生きる手段としているため、

対価(おカネ)の概念が無く、同時に利益の概念もありません。

また、地球にあるモノはすべて、

使用意志のある人たち全員の話し合い合意によって『共用』されるようになります。

ただ「使用できる」ことに留まるのです。

 

そもそも、何を受け取るにも対価が求められなくなるため、

対価の為に何かを「所有」する(自分のモノとする)意味がありません。

 

つまり、『所有・私有・占有』というような、

「誰かのモノ」という概念が意味を持たなくなるのです。

 

 

 

・『共用』と『無償提供』による、「領」の無意味化

 

さらに、「国家」の概念や国境などの支配の為の線引きすらも意味を持たないモノになり、

同時に、領土・領空・領海という設定も意味を持たなくなります。

 

地球にある土地、天然資源、その他多くの人が求めるモノはどれも『共用』され、

「使用」する意志がある人が「使用」でき、

また、欲しいモノは、与える側の与えたい意志と受け取る側の受け取りたい意志の合致に

基づいて行われる無償提供によって受け取る事が出来るからなのです。

 

 

 

・無駄な消費や物流の偏りの解消でモノが行き渡る

 

対価の為に行われていた無駄な消費物流ルートの偏りもなくなるため、

資源不足食糧不足にも悩まされなくなり、

『無償提供の循環』によって、

欲している人に欲されている分のモノが充分に行き渡るようになります。

 

 

 

・平和につながる

 

こうして領土問題やそこから発展する戦争とも無縁になり、平和がつくりだされるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑧領土問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց