新文明創造プロジェクト

⑦犯罪の激減

 

・対価を目的とした犯罪の全滅

 

新文明社会では、『無償提供の循環』によって人々は生活しているため、

生きるために対価を支払うという事も無く、当然借金の概念もありません。

 

そのため、対価(おカネ)が目的で起きていた犯罪の全ては消滅します。

 

 

 

・強迫観念の払拭

 

生きる不安強迫観念は払拭され、

人は自分の意志と正常な判断に基づいた選択で、生きていくことができるようになります。

 

 

 

・助け合うことで守り合う(詐欺や冤罪の消滅)

 

また、競争社会ではなく、共生社会なので、

生きるために誰かを騙したりする必要もありません。

皆が自他ともに誠実に生きられるようになるのです。

 

利権の概念も無く、他者を貶めることで自分を守るという手段も取らずに済みます。

人々は助け合いを通じてお互いを守り合うのです。

 

 

 

・愛が育まれる

 

加えて、消費も労働も現代社会に比べて激減し、共生のためお互い信じあう事が出来ます。

 

人と交流する時間も充分に設ける事が出来、

人々は幼児期から存分にが育まれるようになり、

お互いの意志を尊重し合う生き方なので、ストレス不安などを感じることもほとんどありません。

 

 

 

・根源から解消される

 

常に心豊かな状態で身体も健やかとなるため、意図的に犯罪が起こされることがありません。

 

もしも犯罪が起こされても、を与えることで矯正するのではなく、

その根源となっているモノを解消することで犯罪をなくすようになります。

 

 

 

・警察や法律の必要性の薄弱化

 

このように、現代社会で起きていた犯罪の原因のほとんどが消滅するため、

犯罪は激減するのです。

 

そして、犯罪の激減により、警察や法律の必要性も薄弱化し、

監視する意味もなくなり、より生き易い社会となるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑦犯罪 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց