新文明創造プロジェクト

⑤資源の循環使用

 

 

新文明社会では、対価が求められず、

そのための無駄な消費も行われなくなるため、資源は循環して使用されるようになります。

 

 

・大量廃棄がなくなる

 

モノは需要のあるところに渡っていくだけとなり、

特定の地域でモノが必要以上に溢れることもなくなります。

そのため、大量のゴミが出るということもなくなります。

 

 

 

・処理速度が間に合う

 

また、対価集めの為に行われていた無駄な消費が無くなることで、

人々の消費(廃棄)速度激減し、ゴミの処理速度がこれに充分間に合うになります。

 

そのため、処理されたゴミは再び新たな資源として活躍し、ゴミが蓄積されることもなくなります。

 

これに伴い、次から次へと自然が削られていくこともなくなるのです。

同時に、資源不足に悩むことも無くなります。

 

 

 

・処理活動の容易化

 

さらに、ゴミ処理を行うにもコストは掛からず、技術や機械は共用されるようになります。

 

環境や資源について意識を向けている人たちも、

その活動で発生していた費用が一切不要となり、

対価の為に無駄な労働をする必要もなくなることで、

「時間」や「心身」に余裕が生まれ、ゴミを再資源化する協力人員に加われるようになります。

 

こうしたことから、ゴミの処理活動は容易なモノとなるのです。

 

人々の消費(廃棄)速度激減により、活動が“キリが無いもの”だと感じることもなくなります。

 

 

 

・廃棄と回収の容易化

 

加えて、普段ゴミを捨てる場合においても、対価不要となり、

人々が対価の為の忙しい生活から解放されることも乗じて、

使わなくなったモノや壊れたモノなどの回収を気軽に行ったり頼んだりできるようになります。

 

そのため、ゴミは人目の届かない様な場所に散在することもなくなり、

処理されるところへきちんと集められ、何度も資源として循環使用されるようになるのです。

環境も汚されることが無くなるのです。

 

 

こうした側面からも、人々は自然と共生した生き方ができるようになるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑤ゴミ問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց