新文明創造プロジェクト

④食糧問題の解決

 

・環境再生による食糧供給量の回復

 

新文明社会では、環境破壊が止み、生態系が蘇ることによって、

自然環境の循環は再生され、自然は本来の食糧供給力を取り戻します。

 

 

 

・「毒薬」不使用による土壌汚染の解消

 

人々が、「時間」と「心身」に余裕を持てるようになるため、

生産に必要な協力人員も確保し易くなります。

 

そのため、負担軽減の為の

「毒薬(農薬・化学肥料・遺伝子組み換え)」が使用されることもなくなります。

 

さらに、収入の為に行われていた生産安定化や生産効率化も行う必要がなくなるため、

こちらの側面でも「毒薬」を使用する必要性が失われます。

 

これらにより、土壌汚染が解消されていくのです。

 

 

 

・価格変動に左右されない生産活動

 

さらに、『交換・取引』の生き方で無くなることに伴い、

「価値」「価格」の概念が同時に消滅し、

生産者の活動の可否が、価格変動に左右されることも無くなります。

 

 

 

・食糧ルートの偏り解消

 

加えて、利益のために行われていた物流ルートの偏りがなくなることで、

余って捨てられることになる食糧も激減

必要とされるところに必要な分の食糧が行き渡るようになります。

 

 

 

・消費促進やストレスや不安による食糧消費の激減

 

互いに消費を促進し合うことによって過剰消費されていた食糧の無駄も無くなります。

 

ストレスや不安の解消により、ストレス不安から来る過剰な食糧消費激減します。

 

それらの影響で畜産業に大量に費やされていた飼料の分の食糧も不要となります。

 

 

 

・放置土地の使用による食糧生産の増加

 

放置されていた土地も使用されるようになり、生産者が増加します。

 

 

 

・全ての人に食糧が行き渡る

 

このように、あらゆる側面から相乗的に食糧不足が解消され、

食糧は全ての人に行き渡る様になるのです。

 

局地的な災害などが起きても、別の場所から充分な食糧調達を行えるようになります。

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ④食糧問題 を確認する)

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց