新文明創造プロジェクト

②労働負担の減少

 

・おカネの為だけに行われていた労働が不要となる

 

新文明社会における仕事とは、

専ら「需要(受け取りたい意志)と供給(与えたい意志)を一致させること」です。

 

需要と供給が一致し、目的が達成された時点でそれ以上の労働は不要となります。

つまり、現代社会におけるノルマのような、

対価(おカネ)の為だけに行われている様な労働を行う必要が無くなるのです。

 

 

 

・協力人員が制限されない

 

また、仕事における協力人員が、

雇用者の給与支払い能力などに制限されないため、

協力したいという意志さえあれば、需要の範囲内で何人でも協力できるようになります。

 

 

 

・「心身」と「時間」の余裕と協力の容易化

 

さらに、対価(おカネ)の為だけに行われていた無駄な消費無駄な労働がなくなることで

心身や時間に余裕を持てる人達が多くなります。

これが、大きな需要があるところへ協力することの容易化にもつながります。

 

 

 

・情報や技術力が「共用」される

 

 

加えて、お互いに利権を守り合う必要も無いため、

仕事(需要と供給の一致)に必要な情報や技術力は、世界中で「共用」されます。

 

 

 

・人手不足や過労死などの解消

 

このようなことから、一人当たりの労働時間、労働負担は激減します

 

そして、現代社会で起きていた、

ブラック企業化人手不足過労死などが解消されるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ②労働問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց