新文明創造プロジェクト

①雇用問題の解決

 

・各々の意志で協力し合う

 

新文明社会では、『統合意識』によって、

仕事は人々の個々の意志に基づいて行われ、その意志で集合し、協力し合います。

 

 

 

・協力人員が制限されない

 

雇用の概念が無くなることにより、協力人員の数が、

雇用者の給与支払い能力に制限されるという事も無くなります。

 

 

 

・必要なところに必要な人員が行き渡る

 

経済自体が「おカネの流れ」ではなく、「需要と供給の一致」によって成り立つため、

需要があるところに人々の力が集まるようになります。

 

つまり、必要とされるところに必要な人員が集まるようになるのです。

 

 

 

・労働力の不要化は喜ばしい事

 

また、便利化や技術の発展などによって、労働力が不要になり、

人々の仕事がなくなったとしても、それによって困る人達は居ません。

むしろ、喜ばしい事になります。

誰もが『無償提供の循環』によって生きていけるからなのです。

 

新文明社会の在り方によって、

現代社会雇用問題解決されることになります。

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ①雇用問題 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց