新文明創造プロジェクト

⑩自分で世話できる

 

・愛する人の世話を自分が出来る

 

『無償提供の循環』の社会では、

対価が求められることがなく、対価を稼ぐ必要もありません。

 

生活に必要なモノ、愛する人の世話に必要なモノなども、

すべて無償で受け取る事が出来るため、

愛する人の世話を自分が出来るようになります。

 

対価を稼ぐために引き裂かれていた時間もなくなり、

愛し合うモノ同士が寄り添い合えるようになるのです。

 

 

 

・心が満たされる

 

こうした側面から、人々の心は満たされるようになります。

 

両親は子供のために時間を使う事ができ、

子供たちも両親の愛を充分に受け取る事が出来るので、

不安や孤独、寂しさなどから来ている犯罪や非行などに走らなくなります。

 

介護などにおいても、やはり知らない人よりは、

愛する人から世話をしてもらう方が安心しますし、

世話をする側も、傍に居られるため安心できます。

 

家族間のコミュニケーションが充実したものとなるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑩家族は他人へ、自分は他人を を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց