新文明創造プロジェクト

⑤人員的マッチ

 

・支え合うことの容易化

 

新文明社会では、

受け取り手は、移動の際や必要とされる道具を使用することにも対価が掛かりません。

 

そのため、仕事が無くて手を持てあましている人達が、

助けを必要としている人達を気軽に助けられるようになります。

 

加えて、人々は現代社会のような対価稼ぎに追われる事もなくなり、

「心身の余裕」が持てるようになり、「時間」もたくさん生まれます。

 

協力人員が、給与(報酬)の支払い能力などに制限されることもなくなります。

参加意志のある全ての人がその仕事に参加できるようになるのです。

 

さらに、おカネの流れによって人口の偏りなどが無くなるため、

人と人との距離も身近なものとなります。

 

 

 

・必要とされているところに人の力が行き渡る

 

つまり、「困っている人を助けたい」という想いを持っている人たちは、

集い合って行動を起こす事が容易となるのです。

 

お互いに助け合う事がとても容易となるのです。

 

これは社会問題への取り組みに関しても同じ事が言えます。

解決するために必要な「時間」も「心身の余裕」も確保でき、

「人の力」も集まり易くなるため、

問題と向き合う事、解決することも容易となるのです。

 

 

『無償提供の循環』によって、

お互いの行動範囲の制限も外され、

今本当に必要とされているところに、難なく「人の力」が集まれるようになるのです。

 

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ⑤人員的ミスマッチ を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց