新文明創造プロジェクト

調和

新文明社会の「調和」について取り上げています。

①『足るを知る』精神がここからはじまる

  ・消費の減少は喜ばしいこと   新文明社会になることで、 はじめて人々は『足るを知る』の精神で生きる事が出来るようになります。   経済活動が消費活動に依存しないからです。   そして、『足るを知る』ことに加え、 文 ...
続きを読む →

②仕事が無くても困らない

  ・需要が無くても困らない   現代社会では、 仕事をすることと対価(おカネ)を稼ぐ事が結びついているために、 仕事が無いことは死活問題であり、困る事でした。   しかし、新文明社会では、何を受け取るにも対価を必要とし ...
続きを読む →

③問題解決を純粋に喜べる

  ・問題解決を仕事としている人も心から喜べる   新文明社会は、お互いに対価を必要とし合わない社会なので、 問題の解決を行うことと生きていくこととの結びつきが切り離されます。   そのため、問題を解決する事を仕事にして ...
続きを読む →

④目的と手段の一致

  ・無駄な消費と無駄な労働からの解放   『無償提供の循環』を生きる手段とした社会では、 人々がお互いに対価を求め合わないため、 何を受け取るにも対価が不要となり、対価を稼ぐ必要が無くなります。   誰もが無償で生きて ...
続きを読む →

⑤人員的マッチ

  ・支え合うことの容易化   新文明社会では、 受け取り手は、移動の際や必要とされる道具を使用することにも対価が掛かりません。   そのため、仕事が無くて手を持てあましている人達が、 助けを必要としている人達を気軽に助 ...
続きを読む →

⑥モノが行き渡る

  ・モノが必要とされるところに行き渡る   新文明社会では、対価が必要とされないため、 対価を稼ぐ為に行われていた無駄な消費や競争や売り込みなどがなくなります。   そのため、おカネの偏った流れによってモノで溢れる地域 ...
続きを読む →

⑦資源の循環

  ・資源は繰り返し使用される   新文明社会では、対価や利益の概念が存在しないため、 資源は、「技術」と「人の力」さえあれば、何度も再利用されるようになります。       ・ゴミもすべて資源として扱われる   ゴミも ...
続きを読む →

⑧要する時に使うだけ

  ・要する以上のモノを持つ意味が無い   新文明社会では、モノは基本的に『共用』され、 需給の一致さえあればいつでも無償でモノを使用できるため、 必要以上のモノを持つ意味がありません。   非常事においても無償で助け合 ...
続きを読む →

⑨大量収穫は嬉しいこと

  ・沢山収穫できても困る事は無い   『無償提供の循環』の社会には、 モノやサービスの価値を比較し合う概念が存在せず、 同時に、モノやサービスに「価格(値段)」を付与し数値化する概念も存在しません。   そのため、生産 ...
続きを読む →

⑩自分で世話できる

  ・愛する人の世話を自分が出来る   『無償提供の循環』の社会では、 対価が求められることがなく、対価を稼ぐ必要もありません。   生活に必要なモノ、愛する人の世話に必要なモノなども、 すべて無償で受け取る事が出来るた ...
続きを読む →

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց