新文明創造プロジェクト

②宣伝消費の消滅

 

・消費促進のための無駄な消費がなくなる(消費面の変化

・促進活動が不要となる(労働面の変化

 

 

<詳細>

『無償提供の循環』の社会であるため、

モノやサービスを受け取るために、『対価』を支払う必要がありません。

 

そのため、『対価』『利益』というものを稼ぐ意味がなく、

提供者は、人々の純粋な需要に基づいた提供を行うようになります。

 

これにより、消費促進のために用いられている、

宣伝資材(広告やちらし)やサービス品(特典やおまけ)などは生産されなくなり、

その生産のための過剰な資源消費がなくなります。

 

さらに、人々は、過重なる消費意欲の煽りを受けることがなくなり、

今本当に求めているだけの消費に落ちつくことになります。

 

宣伝物への過剰な資源消費に加えて、

その効果によって促されている過剰な消費もなくなるということなのです。

 

 

また、宣伝活動や押し売りなどの労力も不要となり、

消費を促すために行われていた、

広告やサービス品などを製造する労力も不要となるのです。

消費を促すための労働が一切不要となるのです。

 

 

(※現代社会を振り返る ⇒ ②宣伝消費 を確認する)

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց