新文明創造プロジェクト

消費と労働

新文明社会の「消費」と「労働」について取り上げています。

①二重の解消

  ・自己消費の為に、他人に消費させなくてよい(消費面の変化) ・仕事をつくり出す必要が無くなる(労働面の変化)   <詳細> 『無償提供の循環』の生き方であるため、 自分が何かを得たり、つくったり、または消費したりする ...
続きを読む →

②宣伝消費の消滅

  ・消費促進のための無駄な消費がなくなる(消費面の変化) ・促進活動が不要となる(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会であるため、 モノやサービスを受け取るために、『対価』を支払う必要がありません ...
続きを読む →

③長寿化

  ・長寿で高質なモノを提供できる(消費面の変化) ・生産労力の激減(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会により人々は、 生きるために『対価』を支払い続けなければならないことから解放されます。   ...
続きを読む →

④真の問題解決

  ・根本解決による消費激減(消費面の変化) ・仕事の減少と、問題生産の不要化(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』を生きる手段としている社会であるため、 生きるために支払う『対価』など不要であり、それを ...
続きを読む →

⑤共同開発

  ・研究、開発における消費の激減(消費面の変化) ・共用と協力による負担の激減(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会には、利益を追求する意味が無いため、 人々に技術や情報を公開することで、 自分の ...
続きを読む →

⑥金銭業務消滅

  ・発生しない資源消費(消費面の変化) ・金銭業務の消滅(労働面の変化)   <詳細> 『無償提供の循環』の社会では、 『交換・取引』を行わないため、当然ながら金銭の概念も存在しません。   そのため、紙幣や硬貨、 金 ...
続きを読む →

⑦研磨専念

  ・学ぶときに必要な消費に留まる(消費面の変化) ・学ぶこと、磨くことに専念できる(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会では、当然学ぶことにも『対価』は発生しません。   そのため、現代社会の様な ...
続きを読む →

⑧無理なき成長

  ・利子の為に行われていた消費活動の消滅(消費面の変化) ・利子の為に行われていた労働の消滅(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会には『交換・取引』という概念が無いため、 当然、おカネのやりとりが ...
続きを読む →

⑨用途の転化

  ・軍需物資として使われていたモノの用途転化(消費面の変化) ・戦争に関する労働の不要化(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会は、 消費が行われないことが原因で経済が停滞することも無く、 地球環境 ...
続きを読む →

⑩依存の解消

  ・純粋な「欲求」に基づいた消費活動となる(消費面の変化) ・依存に関わる労働の不要化(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会では、 対価が不要なため、自分たちの生活や貧富が、 自身が提供するモノや ...
続きを読む →

⑪誘導不要

  ・利益目的で誘導する際の消費が消滅(消費面の変化) ・利益誘導が不要となる(労働面の変化)     <詳細> 『無償提供の循環』の社会では、利益の概念がないため、 当然、自分の利益の為に行う誘導や勧誘もありません。 ...
続きを読む →

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց