新文明創造プロジェクト

②宣伝消費

 

・宣伝における余計な資源の消費(=無駄な消費

・過度の売り込みに使う労力(=無駄な労働

 

<詳細>

おカネ(対価)が必要となる現代社会では、

自分が提供するモノやサービスを他人に消費・利用させることが、

自分が生きるために必要な対価(収入)を得ることに繋がります。

 

そのため、市場では消費・利用を促すために必要以上のアプローチが行われています。

 

また、その過剰な宣伝や押し売りの際に用いられる、

宣伝資材(広告・看板・ポスター・ちらし)やサービス品(おまけや特典)などの制作のために、

過剰な資源が使われています。

 

そして、それらによって購買意欲が煽られ、人々の消費も促進しているのです。

 

宣伝における過剰な資源消費と、

その効果によって促されている消費は、

私達の本来の欲求や必要性を超えた消費活動であり、無駄な消費です。

 

 

また、提供するモノやサービスの消費と利用を促すために、

過度の宣伝活動を行い、余計な労力を使っています。

 

マーケティングや消費促進イベントの開催、

サービス品の製造における労働などがそれに該当します。

 

これは、本来の需要に対して必要のない無駄な労働です。

 

 

(※新文明社会ではどうなる? ⇒ ②宣伝消費の消滅 )

 

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց