新文明創造プロジェクト

無駄な消費と労働

現代社会の「無駄な消費」「無駄な労働」について取り上げています。

①二重消費

  ・自己消費のために、他人へ消費を促す(=無駄な消費) ・「二重消費」に伴う過剰労働(=無駄な労働)   <詳細> 現代社会では、『交換・取引』が生きる手段となっており、 自分の生活の為に何かを得る、生産する、消費する ...
続きを読む →

②宣伝消費

  ・宣伝における余計な資源の消費(=無駄な消費) ・過度の売り込みに使う労力(=無駄な労働)   <詳細> おカネ(対価)が必要となる現代社会では、 自分が提供するモノやサービスを他人に消費・利用させることが、 自分が ...
続きを読む →

③継続消費

  ・「消費⇔購入」スパンの短期化(=無駄な消費) ・短期化に伴う継続的な生産労働(=無駄な労働)   <詳細> 長持ちする商品は一度買われてしまえば、 以降リピートされにくく、 長期間の収益に繋がりません。   そのた ...
続きを読む →

④問題消費

  ・対処療法に費やすエネルギー(=無駄な消費) ・対処療法と問題の自作(=無駄な労働)   <詳細> 問題を解決することが収入を得る手段である人にとって、 問題を根本から解決し尽くすことは、無収入になることを意味します ...
続きを読む →

⑤重複消費

  ・類似研究などに伴う資源消費の重複(=無駄な消費) ・手間や労力の重複(=無駄な労働)   <詳細> 生きるための対価を求め合う現代社会では、 情報や技術を無償で公開する事が、減収に繋がることがあります。 それは自ら ...
続きを読む →

⑥金銭関係消費

  ・おカネに関する消費(=無駄な消費) ・おカネを扱う業務(=無駄な労働)   <詳細> 何かを創造する、または生活するにあたって必要となるのは、 「人の力」と「資源」であり、本来「おカネ」は不要なモノです。   です ...
続きを読む →

⑦初期消費

  ・初期費用の為だけに促す消費(=無駄な消費) ・労働の為の労働(=無駄な労働)   <詳細> たとえ人々の役に立つ仕事を始める場合であっても、 そこには初期費用が必要とされます。   そのため、初期費用を稼ぐ為だけに ...
続きを読む →

⑧利子分消費

  ・利子の為に促進される消費(=無駄な消費) ・利子の為の労働(=無駄な労働)   <詳細> 借金をした場合、 借りた額よりも返済額の支払いの方が『利子』の分だけ多いです。 そのため、借金をした企業や個人は、 『利子』 ...
続きを読む →

⑨戦争消費

  ・軍需物資と「壊す⇔造る」のための資源浪費(=無駄な消費) ・「壊す⇔造る」の重複労働(=無駄な労働)   <詳細> 戦争は、銀行家にとっては実質資産を得る手段です。 また、企業、国家にとっては多大な利益・儲けを生む ...
続きを読む →

⑩依存消費

  ・依存による継続消費(=無駄な消費) ・依存性の開発労働(=無駄な労働)   <詳細> 提供するモノを繰り返し継続的に大量に購入してもらう事が、 得られる利益の増大に繋がるため、 消費者に商品を依存させることで、消費 ...
続きを読む →

⑪誘導消費

  ・利益誘導の為だけに行われている消費(=無駄な消費) ・利益誘導の為だけにする労働(=無駄な労働)   <詳細> お互いに他人に対して「対価」を求め合う、 「交換・取引」を生きる手段とした社会では、 収益を上げること ...
続きを読む →

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց