新文明創造プロジェクト

④食糧問題

 

・環境破壊による食糧不足

 

食糧を供給してくれるのは、常に自然環境です。

その環境を破壊する事は、食糧供給力の消失を意味します。

 

そして、これまで私たちはお互いに対価の為に過剰な消費活動を行うことで、

環境を破壊し、自分たちの手で食糧不足を作り上げてきました。

 

 

 

・土壌汚染による栄養価の低下

 

また、農薬や化学肥料や遺伝子組み換え作物の使用による土壌汚染によって、

取れる作物に含まれる栄養価も年々低下し、作物が全く取れなくなっているところもあります。

 

 

 

・物価変動による生産者の減少

 

さらに、価格変動による経営不況とこれによる生産者の減少が、

そのまま食糧自給率の低下につながり、食糧不足の原因となっています。

 

 

 

・食糧ルートの偏りによる食糧不足と飢餓

 

加えて、おカネの流れによって生じた物流ルートの偏りにより、

食糧は高く買われるところに集中して売られ、

生産地に住む人たちはその食糧にありつけないという状況を生み出しています。

 

これらが同時に、飢餓餓死にもつながっているのです。

 

 

 

・まとめ

 

これも元を辿れば、現代社会の生き方が原因です。

『交換・取引』の生きる手段によって互いに対価を求め合い

対価(おカネ)を求め合う為に他人へ消費促進を行う。

 

「(相対的)価値」および「価格」の概念とその変動競争によって経営が振り回される。

 

そして、多くの人達が対価集めに日々時間を取られ、

人の力を必要としている人も対価が無ければ労働力を確保できないため、

「協力」ではなく「毒薬」によって負担軽減や生産効率化を図る。

 

こうした生き方が自分たちの住む環境を破壊し、

同時に「食」をも破壊することとなってしまっているのです。

 

 

 

(※新文明社会ではどうなるの? ⇒ ④食糧問題の解決 )

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց