新文明創造プロジェクト

社会問題

現代社会の「社会問題」について取り上げています。

①雇用問題

  ・リストラや失業による生活の困窮   現代社会では、リストラが生じ、失業している人達が溢れています。 これが死活問題に結びついているため、生活に困っている人が多く、 社会問題になっているという事なのです。   その傍 ...
続きを読む →

②労働問題

  ・雇用人員の減少による一人当たりの労働負担の増加   経済不況によって収益が落ち込んだ企業は、会社存続の為に、 経費の中で一番重いと言われている「人件費」のカットに踏み込みリストラを行います。   すると、リストラを ...
続きを読む →

③環境問題

  ・消費に依存した社会システムによる生態系の破壊   現代社会は、『交換・取引』を生きる手段としているために、 生きることにも対価が求められ、その対価を集めるには、 自分が提供するモノやサービスを他人に必要としてもらわ ...
続きを読む →

④食糧問題

  ・環境破壊による食糧不足   食糧を供給してくれるのは、常に自然環境です。 その環境を破壊する事は、食糧供給力の消失を意味します。   そして、これまで私たちはお互いに対価の為に過剰な消費活動を行うことで、 環境を破 ...
続きを読む →

⑤ゴミ問題

    現代社会では主に、対価集めによる無駄な消費と ゴミの処理や廃棄に掛かる対価が原因となって、資源の循環を困難にしています。       ・物流ルートの偏りによる大量廃棄   おカネの流れによって偏った物流ルートによ ...
続きを読む →

⑥健康問題

  ・無駄な消費と労働による心身の蝕み   現代社会では、対価(おカネ)の為の無駄な消費と無駄な労働に加えて、 そこから派生している社会問題が、お互いの心身の健康を蝕んでいます。       ・健康の土台が汚染されている ...
続きを読む →

⑦犯罪

  ・大半は対価が絡んだ犯罪   現代社会では、暴力、殺人、人権侵害、詐欺、窃盗、冤罪、性犯罪などの 犯罪が後を絶ちません。   しかしながら、その犯罪の大半は対価(おカネ)が絡んだ問題です。       ・強迫観念によ ...
続きを読む →

⑧領土問題

  ・対価の為の『所有・私有・占有』   現代社会では、『交換・取引』を生きる手段としているため、 生きるために「対価」が求められます。   また、『分離意識』も伴い、 個人や国家は「対価」を生みだす基となる農地や天然資 ...
続きを読む →

⑨利権問題

  ・利益を得るための利権の奪い合い   現代社会は、『交換・取引』を生きる手段とした社会であり、 モノやサービスを受け取るためには常に対価(おカネ)が要求されます。   対価を得る主な手段は、消費活動を行う事によって利 ...
続きを読む →

⑩格差問題

  ・対価を必要とする生き方が、競争をつくりだす   現代社会は、『交換・取引』を生きる手段とした社会であるため、 モノやサービスを受け取るためには対価を要求され、 生きるためにも対価が求められます。   そのため、人々 ...
続きを読む →

⑪人権問題

  ・「条件付きの社会」が不安や恐れを生む   『交換・取引』を生きる手段とした現代社会とは、 言い換えれば、「条件付きの社会」です。   多くの人達が、自分自身の事を、 「~~でなければ認められない」 といった、条件付 ...
続きを読む →

⑫少子高齢化問題

  ・出生率低下に伴う高齢者の割合増加   現代社会では、対価が無ければ生きていけないため、 金銭による年金などの保証制度によって働けない人達や高齢者の生活を支えています。   しかし、近年、出生率が減少し、それに伴い高 ...
続きを読む →

⑬家庭問題

  ・「心」「体力」「時間」の余裕の喪失によって起きている   家庭問題とは、家族内に対立関係があることや、 団欒の欠如、家庭内暴力、育児放棄を含んだ虐待があること、 さらにそれらが子供たちに悪影響を及ぼしていることなど ...
続きを読む →

⑭教育問題

  ・大人の都合で子供たちの個性や意志が無視されている   現代社会では、大人の都合の為に、 子供たちの個性や意志を無視した教育が強いられており、 親や教師による常識や規範の押し付けが行われています。   また、個人の選 ...
続きを読む →

⑮自殺

  ・世界中で毎年多くの自殺者を出している   現代社会では、世界中で毎年多くの自殺者を出しています。   日本では、ここ10年連続3万人超えとマスコミでも報道されていますが、 遺書が無い自殺は「変死」として扱われ、「自 ...
続きを読む →

⑯災害時の対応問題

  ・迅速な救出が出来ず、救えたはずの命が救えない   現代社会では、人々が『交換・取引』という手段で生きているため、 何を受け取るにも対価(おカネ)を支払わなければなりません。   それは、災害時においても同様です。 ...
続きを読む →

⑰過疎過密問題

  ・おカネが流れるところへ人も流れる   現代社会では、『交換・取引』を生きる手段としており、 モノやサービスを受けるためには対価(おカネ)が必要となります。   そのために人々は対価を稼ぐのですが、 当然対価を稼ぐ事 ...
続きを読む →

シェアありがとうございます♪

y[W̐擪ց